外部講師に社員研修を頼もう【基礎的な技術を指導】

男女

従業員の満足度を知る

大規模な会社では経営陣に従業員の声が届きにくいので、ES調査によって組織の問題点等が見えてきます。調査は自社で行うより、外部に委託した方がスムーズです。初回費用、調査費用、分析費用が主にかかり、数万円から50万円ほどが相場です。コンサルティング会社にES調査を依頼すると、適切な調査結果を得られます。

詳しく見る

講義

最低限のマナーを学ぶ

新入社員研修を受けることにより、学生から社会人への意識改革をし、これからの仕事に自信をもてるようになります。研修の期間や内容は企業により様々ですが、研修の重要性を説き、真摯に取り組むよう伝えなければなりません。

詳しく見る

メンズ

外部企業にあるサービス

社員の成長に効果がある研修を行いたい時は外部企業を利用しましょう。外部企業であれば新人研修だけでなく、ベテラン社員を育てる指導も行ってくれます。またLGBT社員の人権を守る上で何に気をつければ良いか教えてくれる研修企業もあるのです。

詳しく見る

オフィス

「人」という資源を守る

年功序列や終身雇用の時代が終了した中で、会社にとっては退職などによって人員が減少するのは大きなリスクとなってきました。退職する大きな理由の1つに、「ES(従業員満足度)の低下」があります。そこでES調査の専門会社を利用して、従業員の正直な不満や要望を知るということは非常に重要なことなのです。

詳しく見る

ウーマン

新入社員と教育

新入社員を採用した場合には、新入社員研修が必要になる。新入社員研修を外部業者に依頼することで、社内の教育担当者の負荷軽減などに繋げられる。依頼時には、教えるメニューの調整などを事前に行うことが重要である。

詳しく見る

人材育成の基礎知識

婦人

代表的なコースとは

一人当たり5万円程度の予算で、経験や能力などに合わせて最適なコースを選定するのが、一般的な社員研修のスタイルです。特に人材を積極的に採用している企業にとっては、若手社員の育成が大きな課題であり、新卒者向けの研修プランが好評です。名刺交換をはじめとしたビジネスマナーについて学んだり、電話応対のテクニックを身に着けるのが、定番の新入社員向けのカリキュラムです。しかし最近ではスマホだけを使う若者が増えている社会的な背景もあり、入社時にパソコンの基本をマスターすることが大きな課題です。文字入力や文書作成のテクニックを、研修を通じて学ぶことで、入社後はそれぞれの配属先で即戦力として活躍できるでしょう。また企業のビジネスの規模を拡大するためには、新しい取引先を開拓したり、新商品を積極的に売り込むことも重要です。営業スタッフ向けの研修プログラムを活用すると、セールスに役立つ会話や交渉のスキルも、大幅に高められるでしょう。とりわけトップセールスマンとして活躍してきた人が講師を務めるコースでは、営業に必要なノウハウが効率的に学べるために、受講者の喜びも大きいです。一方で次世代の経営者を確保する上で大切なのは、40歳前後の管理職にターゲットを絞った、積極的な人材育成です。幹部社員向けの受講プランを選んだり、完全オーダーメイドのカリキュラムを構築すると、個別の企業の実情に合わせて最適な人材育成が行えるでしょう。