外部講師に社員研修を頼もう【基礎的な技術を指導】

新入社員と教育

ウーマン

外部業者への依頼と内容

新入社員を採用した場合、新入社員研修を行うことが必要になる。特に、学生を新卒採用した場合などには新入社員研修は欠かすことのできないものとなっている。これらの新入社員研修では、社内の教育担当などにより行う方法と外部業者に依頼して行う方法がある。新入社員研修を外部業者に委託することには、いくつかのメリットがある。新入社員研修では、事前にカリキュラムを考え、教材を準備するなど事前準備に多くの時間が必要となるものである。その際、社内の教育担当を活用した場合、それらに多くの時間を取られることになる。社内の教育担当者では、新入社員以外の従業員への教育も受け持っていることが多く負荷が高くなる。これに対し、外部の専門業者に依頼する場合には、準備なども含めて行ってもらえるため負荷の大幅な軽減ができる。また、専門業者では新入社員研修を専門に行っている担当者も多く、より効果的な研修に出来ることも外部業者活用の魅力である。新入社員研修を外部業者に依頼する場合には、研修を行っている業者に依頼して行うことになる。その際、自社に来てもらい研修を行うか、業者の施設に新入社員を行かせることで教育を行うことになる。一般的には、事前にどのような研修が行われるかメニュー提示され、その内容から選択して行ってもらうなどがある。また、会社が特に重視したい教育内容などについては、強化したメニューを組んで教えてもらうことも可能である。