今回のお悩み

40代男性 Sさんのお悩み

販売業を営む40代の自営業者です。

数年前に事業を行うにはインターネットの活用が重要な時代になったなと感じ、ホームページを作成することにしました。費用をおさえたいことと、サイト作成のスキルに興味があったためにネット上で情報を集めて独学でホームページの作成に取り掛かりました。

日常の業務の終了後にサイト作成を行い、作業は深夜までおよぶことが多々あり1日の睡眠時間が3~4時間程度しか取れない日が続きましたが、ホームページ作成の知識がつく事と少しずつサイトが完成していくことが楽しく、疲れはしますが充実した日々を送っていました。

またサイトが完成して運営を始めたところ思ったよりも反響があり、問い合わせのメールや電話が毎日入るようになりました。しかし、一点だけ問題がありました。取り扱う商品が特殊なことから問い合わせ、見積もりが入っても実際に成約に至る確率が10%程度しかないことでした。

問い合わせの対応で多忙な日々を送っていました。ある日、シャンプーの際にやけに抜け毛が多く、排水溝に髪の毛が頻繁につまるように感じました。トップにボリュームが無くなってきて髪型が以前のように決まりません。合わせ鏡で見てみると後頭部の髪が薄くなり地肌が見えてきています

販売で人前に出た際にお客様の目線が頭部に集中することが多くなり、気になって仕方がありません。気になると心労が重なりますます抜け毛が増えたように感じました。抜け毛と共に疲れも溜まりやすくなり、心身ともに疲弊してきていることに気づきました。

解決した方法

体を壊してまで仕事をしては元も子もありません。抜け毛を改善したいため、仕事をおさえることにしました

ネットで検索したところ、抜け毛の原因は睡眠不足やストレスの影響で、頭皮の血行が悪くなることが一因のようです。

まずは睡眠不足解消のために、際限なく行っていたメールの返信は夜7時まで、サイトの管理や業務でパソコンに向かう時間は夜12時までと決め睡眠を多くとるようにしました。成約につながらないような問い合わせ、難しそうな案件は初期の段階でお断りを入れるようにして、ストレスを溜めないように心がけました。

次にそれまでこだわりを持たずに、家族と共用していたシャンプーを男性向けの抜け毛ケアの物に変えてみました。通常のドラックストアで買えるものですが、何種類か使ってみて洗髪後に頭皮の脂が少なく髪にハリが出るように感じたシャンプーと、同じ銘柄のコンディショナーを使用するようにしました。

次に頭皮のマッサージです。指の腹でじっくりともみながら時間をかけてシャンプーを行います。またネットで梅花鍼という発毛用の針を購入して時間のある時に頭皮に刺激を与えてみました。私の場合は痛くない程度にたたいて頭皮が軽く温まるように感じる程度まで手の空いた時に使用していました。効果については個人差があると思いますが、何もしないよりは多少なりとも効果はあると思います。

血行が大切という事と年齢的に疲労も重なることもあったので、血行が良くなるもの、髪に良いとされるようなサプリメントを数種類購入して飲み比べて、効果が感じられたものを飲み続けるようにしました。

疲れも溜まりにくくなり心身ともに少しだけ元気を取り戻せるようになりました。また、ストレス解消のために癒されるようなヒーリングの音楽のCDを購入して聞きながらリラックスする時間を取るようにしました。

小さなことの積み重ねですが、3年ほど続けて抜け毛や切れ毛は徐々に少なくなり、後頭部の髪のボリュームも元に戻りつつあります。以前のように人の目線を気にすることも少なくなり、自分に自信が戻って来たような気がします。

髪の毛は体の一部ですから、体全体が健康であることが第一条件です。一気に改善する方法を望む人もいるかもしれませんが、とにかくいろいろな方法を試してみて、自分の生活リズムに合った薄毛対策をすることを探してみることが大切なのではないでしょうか。自営業で仕事をコントロールできる環境のためにできた改善方法のため、すべての方に可能な内容ではありませんが少しでも参考になればと思います。

極毛企画室 部長より一言

対策すべてがgoodだったが、今回最も重要なポイントは「自分の身体を労わった」というところだ。

行動の前には心がある。自分を大切に想うことこそが、一つ一つの行動を正しい方向に導くことになる。

仕事はもちろん大事だ。誰かがやらなければならない。しかし、すべてを捨ててまで今すべきことなのか、何のために同僚や仲間がいるのか、なぜ会社の仕組みというものがあるのか、改めて理解していただきたい。そして皆の幸せは、結果的に良い仕事を生むのである。

おすすめの記事