薄毛対策には、シャンプーをして頭皮と髪を清潔に保ち、頭皮環境を整えることが大切です。頭皮環境を整えるためにシャンプーを使いますが、シャンプーといっても薄毛対策に効果的なものとそうでないものがあります。

では、薄毛対策に使いたいシャンプーにはどのような種類があるのでしょうか。

ドラッグストアやスーパーのシャンプー

ドラッグストアやスーパーなどで販売されている安いシャンプーは、薄毛対策におすすめできるものではありません

ドラッグストアなどで販売されているシャンプーは、泡立ちのよさ、汚れ落ち、手触りを重視して作られていて、頭皮環境のことは重視されていないからです。

泡立ちがよかったり、洗い上がりの手触りが滑らかなことはよいことだと思うかもしれませんが、泡立ちをよくしたり手触りをよくするために、合成界面活性剤やシリコンなどが使われています。その他にも、香料、着色料、パラベン、アルコールなど頭皮に刺激を与えやすい成分も配合されています。これらの成分は洗い流しても頭皮に残りやすい性質があり、髪の成長の妨げになることが心配されます。

ドラッグストアやスーパーで販売されているシャンプーがすべてこういったものではないのですが、薄毛対策に良い製品を見つけるのはなかなか難しいです。

スカルプシャンプー

スカルプシャンプーは頭皮環境を健やかに保つことを考えて作られています。

余分なものはできるだけ配合せず、香料、着色料、アルコール、パラベンなどが無添加な商品が多く存在します。頭皮に刺激を与えやすい成分が無添加なら、弱っている頭皮にも安心できます。

頭皮に残った皮脂は毛穴をつまらせたり、酸化をして過酸化脂質となって頭皮にダメージを与えるので、シャンプーをして余分な皮脂を落とすことは大切です。しかし、皮脂には頭皮を保護する役割があり、必要以上に皮脂を取り除いてしまうと頭皮が乾燥をしてしまいます。

そのため、適度に潤いを残して洗うことが頭皮環境を健やかに保つためのポイントになります。スカルプシャンプーは洗浄力がマイルドで、汚れを落としながらも潤いを守ります。

洗浄成分による分類

シャンプーに使われている洗浄成分は3つに分けることができます。

高級アルコール系

高級とは炭素の数が多いという意味です。

高級アルコール系の洗浄成分は、泡立ちがよく高い洗浄力が特徴です。洗浄力が高いため頭皮の潤いを必要以上に取り去ってしまいます。頭皮の乾燥が進行をすれば、かゆみ、フケ、抜け毛といったトラブルの発生が心配です。

高級アルコール系のシャンプーは比較的低価格です。ドラッグストアなどで販売されている安いシャンプーは、高級アルコール系の洗浄成分を使用しています。ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸塩、ラウレス硫酸ナトリウムなどが成分表に表記されていれば、高級アルコール系の洗浄成分です。

石けん系

石けん系の洗浄成分は高級アルコール系ほどの高い洗浄成分はありませんが、しっかりとした洗浄力があります。合成界面活性剤と違い、洗い流すと洗浄成分が分解されて頭皮に残りません。しかし、香料やシリコンなどが配合されていれば、それらの成分は頭皮に残ります。

石けん系の洗浄成分を使うと髪のキューティクルが開き、洗い上がりの髪がきしみます。きしんで髪が絡まってしまい無理に引っ張れば髪が抜けます。使い心地はあまりよくありません。脂肪酸ナトリウム、石けん素地などと表記されています。

アミノ酸系

アミノ酸系の洗浄成分の特徴は刺激が少ないことです。高級アルコール系ほどの洗浄力はないのですが、汚れ落ちが悪いというわけではありません。汚れを落としながらも適度に潤いを残します。洗浄力が高すぎることはないので頭皮への刺激が少なめです。

アミノ酸系洗浄成分は、ココイル○○、ラウロイル○○などと表記されています。一般的に育毛シャンプー、スカルプシャンプーと呼ばれているものの多くは、アミノ酸系の洗浄成分を使用しています。

オーガニック成分配合のシャンプー

オーガニックは有機という意味で、化学農薬や化学肥料を使わずに生産された農作物のことをいいます。オーガニックシャンプーは、農薬などを使用せずに栽培した植物から抽出した成分を配合したシャンプーです。オーガニックシャンプーは頭皮に優しいイメージがありますが、必ずしもそうとはいえません。

オーガニックシャンプーといっても、配合されている成分がすべてオーガニック成分ではなく、化学的な成分を配合しているものがあります。洗浄成分に高級アルコール系を配合していれば、頭皮への刺激が心配です。また、うるしで肌がかぶれてしまうように、植物すべてが頭皮に優しいとは限りません

オーガニックシャンプーにもいろいろなものがあるので、どのような成分を使用しているのかしっかり確認することが、頭皮環境を守るためには大切です。

まとめ

シャンプーにもいろいろな種類があります。薄毛対策のために選びたいシャンプーは、洗浄力が優しいこと、余計なものを配合していないこと、頭皮環境のことを考えていることです。これらのポイントを踏まえてシャンプーを選んでみてください。

おすすめの記事